FC2ブログ

タイトル画像

昭和30年代の都農町が伝わる本「ガキの頃」販売中!

2021.01.06

バナーガキの頃

昭和30年代の都農町のこどもたちのくらしと町の景色が伝わる本ができました。
都農町では、道の駅「つの」、日高百貨堂(北町)で1冊1500円(税込)で販売しております。
(都農町観光協会(都農駅)での販売は終了しました。)

都農町出身の元高校教諭である河野包さんが都農町で過ごした少年時代の思い出を文章にし、
同じく都農町出身で、小学生時代の恩師である画家の大上敏男さんが挿絵を描いた本です。

戦後の新しい時代を力強く生きる人々と、活力あふれるこどもたちの日常の様子が伝わってくる内容で、
同年代の都農町出身の方はもちろん、そうでない方々にも楽しめる素敵な本です。

あまりにも当時の様子がありありと伝わってくる文章なので、
河野包さんにお会いした際に「細かい情景をよくここまで覚えていらっしゃいますね~」と言ったところ、
「まだまだたくさん書きたいことはあるとよ」とおっしゃっていました。
今朝の事も昼には忘れている私と比べものにならないすごい記憶力…

古き良き昭和の日本が伝わる本です。
ぜひご覧ください。

ガキの頃
IMG_7313.jpgIMG_7316.jpg






日々の都農


お知らせ トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]